ベンチャーネットRPA:ロボット8割経営ブログ

これから企業が人に依存せず生産性向上を実現し、プロジェクトメンバーの所得を増やす経営手法

新元号発表!「令和」新しい時代を生きていく。

みなさん、おはようございます。

本日は、2019年4月1日、新元号発表という記念すべき日です。

平成という時代が終わり、あたらしい時代が始まりますね。

古い時代と新しい時代、本来は

時間の流れは同じなので、続いていますし、

西暦の世界においては関係ないものでもあります。

しかし、日本人にとって

この元号という圧倒的な変化は、大切な意味を持つと思います。

日本人にとっては、時代が変わることが明確に理解できるからです。

昔からの価値観、これからの価値観、世の中で言われる価値観というのものは

とても適当なものです。

ある日突然、昨日まで美徳とされていたものがなくなることもよくあるわけです。

例えば、新時代では

今までは仕事をたくさんするということが美徳とされていた

日本において、仕事の価値が大きく下がるかもしれません。

お金の価値も下がるかもしれません。

働き方改革に伴う仕事への考え方は、その兆しのように見えます。

ただし、重要なことがあります。

仕事というのは世界の中での価値です。

日本の中で価値が下がろうとも、世界中にはたくさん働いて、

もっと裕福になろうとしている人たちがたくさんいます。

日本は、高度成長時代に圧倒的に仕事をしまくりました。その弊害もたくさん出ましたが、その恩恵で今の日本が食っていけているようにも見えます。

その時間的にゆとりがある間に、新しい手を打たずに休んでしまってよいのかは

個人的には疑問です。

まあ、個人的に頑張っても、マクロの経済情勢には勝てないのかもしれません。

ただ、特に日本においては、1人1人がちょっとずつ頑張らなければ、マクロは変わらないと思います。

しかし、今は1人1人がちょっとずつ手を抜くという雰囲気になっているのがとても気がかりです。

なるだけ仕事を減らす、なるだけ休む というのは悪くないと思いますが

そのツケをどこかで払う必要が出てくる気がしてなりません。

圧倒的な量をこなさずして、質を高めることはできないのではないでしょうか。

もがき続けて見つけるものってたくさんあると思います。

もがかない人ほど、正論を振りかざしていきます。

正論を振りかざすことで、

自分をふくめて世の中の大多数 というという

見えない力を利用してくるわけです。

しかし、この世の中の大多数が自分を助けてくれることはありません。

最終的には、個である自分の努力によって得たお金を通して

価値交換をすることでしか、解決できないことがほとんどです。

お金があれば、なんでもできる ということではなく

お金を通して、価値交換することによって、なんでもできるし、いろいろなことが

解決できる。 

ということをちゃんと理解したほうがいいと思います。

みながやっているから、みながそういっている ということは

まさにプロパガンダであり、

その流れの中で何が自分にとって優先順位が高いかを見極めない限り

自分の人生ではなく、見えない誰かによってなんとな流され続けた

人生になると思います。