ベンチャーネットRPA:ロボット8割経営ブログ

これから企業が人に依存せず生産性向上を実現し、プロジェクトメンバーの所得を増やす経営手法

社員はやめていくのが当然で、むしろその新陳代謝は必然である。

みなさん、おはようございます。

今日は、3月12日。昨日に続き、初めての連投となります。

本日は、長らくインターンで頑張ってくれた学生さんの送別会です。

一抹の寂しさと次のステップに進む若者にエールを送りつつ、

引き続き俺も頑張ろうと思います。

入れ替わりの激しいベンチャーネットで2年以上いてくれたことに感謝しつつ、

その環境への適正能力と与えられた制約条件の中で

コツコツベストを尽くすということは素晴らしい能力だと思っています。

唯一の癒し系キャラ、お疲れ様!

4月から新卒で入る外資コンサルでもきっと活躍できると思います。

頑張ってください!

このインターンをみていると

やっぱ、メンタルタフネスって大事だなあと本当思います。

メンタルが豆腐な人は、社会ではつぶれるのも早いと思いますし

グリッド力がないのは致命的かなと思います。

さて、前段が長くなってしまいましたが

今日は人の入れ替わりについて考えてみたいと思います。

いろいろな経験から

せっかく入社してくれた人ですが、その人たちを過度に大切にしようと思うのは

もうやめました。

入社してくれた以上、家族だ!みたいな考え方ももちろんありますが

うちには合わないようです。

うちの考え方は、やはり

強者連合です。

その道を進むと決めた人たちの

ルイーダの酒場みたいな会社、そういう場を作る会社になっていきたいと思います。

都会のオアシス

ベンチャーネット

頑張っていきます。

 都会のオアシスとして、存在していくには

強くなくてはいけません。

強くあるべきには、尖っている必要があります。

そう、尖るには

変わりのもの変人である、天才が必要です。

アイスピックのように、一点を突破できる天才が必要なのです。

そこで、問題があります。

あなたの会社は「天才」を飼い殺しにしていないか?

ということです。

人間力もある天才は、大企業にはいると思いますが

ベンチャー企業にいる天才は、ADHDです。(断定)

ある分野に特化した天才で、ある分野では悲劇的に欠落している天才なので

その強みにフォーカスしてやっていかないとお互い不幸になってしまいます。

なので、

「強みにフォーカス」

それ以外は、外注。

これをキーワードに活かしていきたいと思います。

で、今後は、ベンチャーネットの仕事ができる人のみを残して行く予定です。

その結果、以前のような少数精鋭のスタイルに戻っていくと思いますが

これこそが、自社の強みだったんだなと最近思っています。

人を増やして売り上げを作っていくスタンスは

うちには向かなかったということですね。 

その辺で、参考になる記事があったのでシェアしておきます。

www.sinkan.jp

 

ついでにこちらも。

blog.btrax.com

とりあえず、強みにフォーカスして

目標に向かって突き進むあるのみです!