ベンチャーネットRPA:ロボット8割経営ブログ

これから企業が人に依存せず生産性向上を実現し、プロジェクトメンバーの所得を増やす経営手法

小さい会社のsurvival planを考えてみる!

みなさん、こんにちは。

今日は暖かいですが、花粉が半端ないですね。

GWが終わるまでのこの期間は、ほんと大変です。

ただ、今日は良いネタがヤフーニュースに出ていたので

シェアしたいと思います。

headlines.yahoo.co.jp

政府系ファンドが、国民が働かなくても食べていけるように

投資で運用するという考え

素敵です。

 

投資リスクはもちろんありますが、景気循環、グローバリズムの視点から考えると

やはりどこかのフェーズからは投資していく必要がありますよね。

リーマンショック後に円高の時に、世界中の優良企業の株を買いあさっていたら

今頃。。。

とか思ったりもするわけですが、まあ、

10年に1回はバブルが弾けるでしょうから、10年に1回は少なくともチャンスは

来るように思えます。

いずれにせよ、あと100年ぐらいは資本主義のルールが有効そうなので

投資したほうがリターンが大きそうです。(適当)

資本収益率(r)と経済成長率(g)とした際に「r>g」という不等式が成り立つとピケティは述べています。

この考え方は知っていたものの、自分がこの考えを利用することあまりないなあと思っていました。

なんか、本当にただのイメージなんですけど(古臭いイメージなんですが)

投資で儲かるイメージが全然なかったです。

なので、自分が積極的に投資していくという考えは、全然考えていなかったのですが

とはいえ、投資 はいつかは関わるべきものであることは間違いないわけです。

で、今回のヤフーニュースの考え方、これはうちらのような小さな会社にも使えそうな考え方です。

会社を経営していくうえで、1つの事業で食っていけたら理想ですが

なかなかうまくいかないものです。

ただ、少数精鋭でやっていくと、ある一時期に時流に乗ることができれば

高利益率なので、キャッシュを稼ぐことができます。

そのキャッシュを投資にまわす。それをうまく運用して、そのリターンで会社を支えていく仕組みを持つ

っていうのはちょっと理想的です。

まさに、キャッシュエンジン!

でも、いまさら普通に投資してもうまくいかないだろうし、

おいしい話は怪しい話ばかりなんで、うーん と思っていたんですが

今回、このヤフーニュースを知るより半年ほど前から

偶然、弊社のビジネスパートナーがシステムトレードでうまいこと

運用してくれるシステムを一緒に作らないかというオファーをうけていたんですね。

その際に、あまり肚落ちしてなかったのですが、

信頼できる方なので、やろうやろう ということで

プロジェクトは進めておりました。

そして、今回ニュースで、肚落ちもしたので、

これまたタイミングよかったなと思います。(うまくいったらいですけども)

そのシステムが天才的にすごかったら、余剰金の50%ぐらいは運用に回せたらいいなと思っています。

 その投資方法はできるだけ小さく髙い回転率でやれるようなモデルで、

実ビジネスを経験した経営者だからこその、考えうる様々なヘッジをかけて

います。

よくやるなあと感心するぐらい、試行錯誤されているシステムなので

今年の夏ごろに動きだしたら、良いなと思っています。

自社のビジネスモデルとあっているため良いと考えます。

事業と他に投資ど真ん中で、システムの強みを活かした仕組みを作る

 

これもまた、強みを活かせている形であれば

1つの小さい会社のsurvival plan

かもしれないですね。