ベンチャーネットRPA:ロボット8割経営ブログ

これから企業が人に依存せず生産性向上を実現し、プロジェクトメンバーの所得を増やす経営手法

人の強みを生かすことと会社の業務に人をあてがうことの違い

みなさん、こんにちは。

1月も中旬に差し掛かり、いよいよ仕事モードですね。

私は、本厄なので、明治神宮にお祓いに行ってきました。

さて、今日は、人の強みを生かすことと会社の業務に人をあてがうことの違いについて

考えたいと思います。

どうしても、会社経営をしていると、業務が先行してしまいがちで

それを埋めるために仕事に対して、空いている人をあてがってしまいます。

この仕事やる人いないから、Aさん といった感じで、業務に人をあてがう感じですね。

で、結果として

Aさんが仕事ができない という問題が発生して、

どうしようかなと悩む ということを繰り返していると思います。

でも、それは当然で、もともとその人は、与えられた業務に特化した強みがなければ

出来るわけなくて、その強みを見てから、仕事をあてがわないとミスマッチしてしまうのは当然です。

この視点をどうしても見失いがちです。

で、なんでできないんだろう、もっと頑張ってもらえばきっとできるのに!

という頑張らないとできない仕事を無理くりやらせようとしてしまいます。

努力してなんとかやれるようにしたものは、せいぜい人並みにしかなりません。

この人並みのレベルにするための努力は正直無駄ではないでしょうか。

本人にとっても苦しいでしょうし。

強みというのは、その人が努力をせずに、苦労せずにできてしまう中にある場合があります。

なんで、そんなことできるの?すごいね

って周りが思ってくれるような強みが必ずあるはずです。

それは、もともと努力してできたわけではなく、自然と自分から進んで

行い、結果的に身につけたものです。

これは、本人は努力した というものではないはずです。

この本人が意識して努力したわけであなく、好きで夢中になったらそうなっていた

というスキルを見つけ出して、それを生かすことが本当に重要なわけです。

それは、結構新卒の時に入った会社の業種、業態にヒントがあると思います。

まだ社会を知らない段階で、自分が選んだもの

それは自分が好きであったり、興味が他よりはあったから ということが

あるはずです。

であれば、転職した後も、その強みがどこかに生かせるようなことが必要です。

それを生かさずして結果を出させるってのは非常に難しいのは

わかります。

なので、このギャップをどう埋めるか が会社としても重要なわけです。

その業務が社内にあれば、それをやってもらうことが第一優先、

その業務がなかった場合は、正直にそれを話して

自分が活躍できる仕事がある会社に行ってもらうのがお互いのためだと思います。

これは、単純に人を切る ように見えますが、本心はそうではなくて

お互いのためであることを知ってもらえればと思います。

会社組織も同じで、もともと細かく縦に管理したい人の場合の組織と

横に管理したい人の場合の組織とでは

やるべきことも全然違います。

自分の会社が横が得意なのに、強引に縦の組織を作ることは結局は

経営者の強みを生かしてないため、うまくいくわけありません。

結局、自然とうまくいっていた組織形態を

進化させる以外は解決策はないわけです。

ということで、ベンチャーネットは

パートナーシップ・アライアンスを重視した

スターフィッシュ経営 ということになりました。

(こう書くことで、ようやく肚落ちしました。。。アクティブラーニングですね)

 

 

 

 

統合と新結合(イノベーション)で価値を創造する

みなさん、おはようございます。

ついに、今週から仕事も平常モードになり、2019年始動しますね。

今年のテーマは、「逆襲」です。

ここ3年、間違えたチームによる間違えた戦略が招いた負の資産を

片付けることに時間をかかりました。

ただ、ようやく片付け終わった結果見えたもの、それは

価値の提供と提供の方法の組み合わせなんだなということです。

結局、ベンチャーネットが求める働き方革命を実現するには、

プロジェクトベースのビジネスとサブスクリプションのビジネスの両輪が

必要ということがわかりました。

単純に作業を行うことももちろん労働の対価として、価値の交換をしているわけですが、そのような人依存ではなく、

コンセプトを掲げたうえで

実現するためのソリューションとして

プロダクトを出し、それをサブスクリプション型で提供し、進化し続ける

というサブスクリプションが必要だったのです。

今までは、コンサルティングサービスとSEOサービスがそれを担っていたわけですが、

時代とともに、国策もかわり、その結果として

顧客の求める優先順位が変わます。

それをふまえて、何をやるのか、何を提供するべきなのかを

考える必要があります。

そのためには、0から1のイノベーションを行うのは博打なので、

既存のビジネスをベースにそのビジネスを止揚させる必要がありました。

その結果やることとして、選択と集中ができました。

 

R&Dとして、先行させないといけないのは、3つ

・顧客の声を聞くためのテクノロジー軸のコンサルティング事業

・SEOの実験としてのメディア事業

・クラウドテクノロジーの理解を深める教育事業

ビジネスとしては、

R&Dを通して、課題を止揚させ解決のためのコンセプトをツール名に反映する。

ネーミングは重要で、何をやるツールなのかすぐわかるようにする。

そして、そのツールを進化発展させるために、ゆるい結合(イノベーション)を

し続ける。(API革命)

それを

サブスクリプションモデルで提供をする。

 

この2つの軸で会社のブランディングを行い、

それによってビジョン、ミッションを共有できる経営者との縁をえて、

プロフィットシェア型のジョイントビジネスを増やす。

(統合)×(新結合)→ベンチャーネットの戦略

ということが肚落ちできました。

振り返ってみると、創業以来、これによって生き延びてきていて

これが見えない戦略だったわけです。(自分にも見えなかったわけですが。。)

ようやく戦略が見える化した2019年、これを戦術に落として

PDCAサイクルを回していくことこそがここからの3年だと考えています。

暗中模索だったのが、数年かけて経験を通して理解が深まり、

これからの時代と戦略のベクトルが期せずして同じ方向に向きました。

これを僥倖と言わずに、なんといえば良いのでしょうか。

シュンペーターは新結合として次の5項目をあげています。

 ・新しい生産物または生産物の新しい品質の創出と実現
 ・新しい生産方法の導入
 ・産業の新しい組織の創出
 ・新しい販売市場の創出
 ・新しい買いつけ先の開拓

こうした新結合を遂行することがイノベーション(新機軸・革新)であるとしました。

そして遂行の担い手が企業家であり、資金を供給するのが銀行家だと定義しました。

英雄的な企業家が経済成長のエンジンと考え、イノベーションが技術革新だけでなく、組織論まで含んだ非常に広い範囲の新機軸を表しています。

 

これを2019年の日本に当てはめ、時代の構造を理解したうえで

何を成すのか

これが、企業家に求められたミッションです。

 

ベンチャーネットは、ベンチャーネットエンジンを通して

クライアント企業をデジタルカンパニーにアップデートし、

革新による価値創造により高利益の知識創造企業へ変えていきます。

その先頭に立つ実験台の役割をベンチャーネットは担います。

中小企業の生存戦略。

生き残りを賭けてがんばりましょう。

 

 

venturenetengine

ベンチャーネットの考える中小企業の生存戦略

 

2019年は、ビジネスモデルを1つ上に止揚させる!!

みなさん、あけましておめでとうございます。

いよいよ2019年ですね!

心機一転、やっていきましょう。

一年の計は元旦にあり

との通り、今年の期待を書いておきます。

今年の年末には、うまくいった!進捗95% というメッセージを残せることに

期待しつつ。

 

今年は、ちゃんと経営者の仕事をします。

経営者は経営をしなければいけない。

みんな分かっていると思うんですけど、どうしても目先の業務、タスクの処理をしてしまいがちではないでしょうか。

それをいったん断ち切ります。

我々、ベンチャーネットは

自社のミッションにむけて、新たな1歩を踏み出します。

 

今までは、ちょっといろいろあって、守備力高めで行かないといけなかったのが

今年からようやくその辺の足かせも外れたので、フットワーク軽くいきたいと思います。(多分)

ってなことで、まずは、価値を生み出すビジネスモデルのコアをゴリゴリ磨き上げていきます。

 

ベンチャーネットエンジン

ベンチャーネットエンジン

 

もう2年ぐらい前でしょうか。このモデルだな!と思ったものの

全然やれなかった時期が続きました。

このループを回せれば、企業はより成長し、ビジネスも止揚するはず!(多分)

と思ってはいたものの、自社で全然取り組める状況ではなかったのですが

ようやく今年は、やれると思います。いや、やる。

ここから3年で実証実験は終わるとして

2019年 2020年 2021年 のこの3年は、1つの集大成にしたいと思っています。

3年後に、さらに止揚できるように、まずは

この1回転目に挑戦です。

その準備は、なんとかやってこれたと思います。

このメンバー、このチームでいられるのは、今だけだとおもうので、

この3年は全力でチャレンジをすることになると思います。

毎年毎年、最大3年で結果を出します。

Life is ADVENTURE !

ほんと、ようやく

組織として、チームとして、ミッションをもって、動ける土台ができてきました。

ふんわりした感じから、言語化し、それが肚落ちして、血肉になるまで

こんなにも時間がかかるもんなんだなと実感しつつ、ただ

そういうのって体験をするしかないので、体験できた人間として

悔いのない挑戦になるといいなと思っています。

今年で、終わりを迎える盛和塾、

師である稲盛さんの言葉に「中小企業とおできは、大きくなるとつぶれる」

という言葉を忘れずに、

小さなチーム、大きな仕事 

と後から言えるようにやっていきたいと思います。

あの年が契機だったなー といえる年になるように

みなさん、やっていきましょう。

 

 

 

 

 

 

人生のアンフィニッシュをフィニッシュに変えていく

みなさん、おはようございます。

今日は、3連休の最終日、クリスマスイブですね。

なんか最近は、クリスマスのイベントがあまり消費に結びつかなくなったためか

クリスマスぽくないなあと感じます。

これも少子高齢化の影響なのかもしれません。

そう考えると、バンコクに住んでいた時は、日本より活気があって、若い人たちがワイワイしていました。

お金はなくとも、若い人口が多いだけで、活気がでて、前向きになるのかもしれませんね。

まあ、日本も人口ボーナス期はそんな感じで、エネルギッシュだったんでしょう。

当たり前ですが、

あらゆる物事には始まりがある以上、必ず終わりがあります。

人口ボーナスに関しても、今の量的金融緩和にしても、ボーナス的な時期があれば

それとつじつまを合わすための冬の時期もあるのは当然です。

今回の量的金融緩和は、どこで調整されていくのか、そしてその調整の時期は

どのぐらい厳しいものになるのか、あまり考えたくないですが、かならず起こることです。そろそろ起きちゃいそうですが。。(汗)

 

で、今回書いておきたいことは、

始まりがあれば、終わりがある。

ということです。

まあ、当たり前ですよね?

ただ、自分の人生でそれを当たり前だと考えて、

ちゃんと1セットにしていかないと! と考えてやれてる人は

とても少ないと思います。

私も含めてそうですが、色々なことが

1セットになっていないことって多いと思います。

英会話を始めよう とおもって、途中で投げ出しちゃったり、

途中まで勉強していたけど途中で飽きて放置してしまったり、

任期が決まった仕事やプロジェクトを途中で投げ出しちゃったり。

キャリアップとかではなくて、転職して逃げる人はその典型ですね。

仕事をしっかりやっていっても、いろいろな要因が複雑に絡まって

不条理や意味わからないことがたくさん起こって、

何の意味があるのだろうか? と考えさせられることってしょっちゅうあります。

けれども、そこで

投げ出す人と、投げ出さない人 がいます。

しっかりボロボロになりながらも、最後まで終わらせてちゃんと引き継いで転職する人、

いわゆる

立つ鳥跡を濁さず

で、きれいに転職をしていく人というのは

後腐れなく、また、縁もつながっていきます。

それに対して、無責任にもうやめるからいいでしょ という形で

引継ぎも適当、最後も適当に消えていく人は

次のところでも同じことをするはずで、それを繰り返すと

その人への信頼はなく、つながりもなくなってしまいます。

そうやって、マイナスへのスパイラルを繰り返していくと

つながりのない社会に落ちていきます。

そうならないようにするには、

1つ1つの物事に対して

アンフィニッシュをフィニッシュに変えていく

という決意です。

過去のアンフィニッシュもふくめて、1つ1つフィニッシュにしていくのです。

それしかありません。

これから訪れる信用経済。

その信用は、そういう1つ1つの物事の終わり方 の積み重ねでしか

得られないのではないでしょうか。

ケリをつける ということは、とても大事なことで

それは、他人に対しても、自分に対してもやっていかないと

いけないことなのです。

誰も見てないからとか、うまく逃げられた とかそう思っているのは

自分だけであって、見ている人は必ずいて、そういう人こそが

キーパーソンであったことが多いです。

また、自分はそのズルをしたことを一番わかっているはずで

自分が自分をそういう人間だと

意識的にせよ、無意識的にせよ

認識してしまったら最悪です。

その状態で、自分を信じる

という選択肢はなくなります。そうなったら、もう大きな力を得られることも

信頼できる仲間をつくることもできなくなります。

チャレンジができる人生を過ごすためにも、信用が必要で

そのためには

損得はもちろんありますけども、

はじめたものを1つ1つをきれいに終わらせる

つまりは

責任をとるという覚悟が必要ということです。

それは、細かいこと、例えば生活態度にもでてくることで

日本が昔異様に厳しかった遅刻や欠席なども

結局はそういうことができない人が多かったため、作られた規則だったのでしょう。

今は、そのような規則を排除する動きになっていますが

その結果、緩くなった個々人がたくさんふえて、

結局は、周りからの信頼を失っている人が以前より多くなったと思います。

そして、そのような緩さが蔓延した後、社会が不安定になり

次はAIなどが駆使された状況下で、厳しい規則が導入されそうだなと推測できます。

中国はまさにそれをやろうとしていると思います。

自分で自分を厳しく律せないことで、AIに管理されるしかないのは

まあ、仕方ないですが、自分の人生は自分で決めたいですし、自分は

人生のアンフィニッシュをフィニッシュに変えていく

という覚悟をもって物事をやっていきたいと思います。

 

こちらも、勉強になるので共有しておきます! 

www.chichi.co.jp

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

新卒社員の3割が3年以内に離職すると言われて久しいのですが、稲盛さんは当時のご自身の体験を踏まえて、こう言います。

「いまの若い人たちの中に、自分が望んでいる道を選ぶことができなかった人がいたとしても、いまある目の前の仕事に脇目も振らず、全身全霊を懸けることによって、必ずや新しい世界が展開していくことを理解してほしいですね。ですから、不平不満を漏らさず、いま自分がやらなければならない仕事に一所懸命打ち込んでいただきたい。それが人生を輝かしいものにしていく唯一の方法と言っても過言ではありません」

これこそまさに稲盛流成功哲学の要諦と言えるでしょう。

人生で一番大事なものは何か

 

「やっぱり人生で一番大事なものというのは、1つは、どんな環境にあろうとも真面目に一所懸命生きること。それともう1つは、人間は常に〝自分がよくなりたい〟という思いを本能として持っていますけれども、やはり利他の心、皆を幸せにしてあげたいということを強く自分に意識して、それを心の中に描いて生きていくことです」

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成功モデルを世に問い、自社を通して実証実験を行う。そのフィーバックを成果として売っていく。

みなさん、おはようございます。

あと、2週間で今年も終わりますね。

うちは12月末決算なので、バタバタしつつ、1年前の地獄から

立ち直れた安堵に満たされています。

まだ、いくつか解決しないとダメな問題はあるものの

1年前の悲劇的な状況からよくサバイブできたなと。

それは、運にもかなり助けられ、遠い昔なような気がいますが

今年だったんだなあと。まだ、終わってないけど。

まあ、そんなこんなで生き残れたので

みらいに向けて焦点を当てていきたいと思います。

先日、ウェブサイトのリニューアルを打ち合わせしていた際に、

気が付いたんですが、

ベンチャーネットとして

自分がやりたいことは、見えている。

そう、ベンチャーネットエンジンモデル。

VENTURE NET ENGINE - 株式会社ベンチャーネット

誰にも知られてないやつ。

つらい。

それは経営者のパートナーとして、ビジネスモデルからかかわっていける会社に

なっていくこと。

しかし、それを最初から掲げても

お客様側には、わけがわからないと思われてしまう。

そうではなく、お客様に、おお、いいね!これが欲しかったんだよ!

といってもらえるためにはどうすればよいのか、

どうすれば

顧客に選ばれるのか

を考えてみました。

まず、現状、そもそも、

成功モデルを世に問い、自社を通して実証実験をして、

そのフィーバックを成果として売っていくには、

実験にあてている時間が全然足りない ので

ここを解決していかねばならないです。

マーケティングとイノベーション。

そのためには、仕事の廃棄が必要です。

さて、何を廃棄すべきか。。。

アウトソーシング的な業務で日銭を稼ぎながら

経営をしているなかで、少しずつそれを廃棄してく。

廃棄するということを決めない限り、廃棄はできないので、

決めないといけない。

アウトソーシングの比重減らして、

オリジナリルのR&Dの比重を増やしていく。

日銭を稼ぐモデル、サブスクリプション的に最低コストの心配がなくなるビジネスで

足場を固めつつ、

自社が掲げる成功モデルの実証実験ができるようになる。

他社資本に縛られることなく。。。

ベンチャーネットエンジンを世に問い、自社を通して実証実験を行う。そのフィーバックを成果として売っていくことを

自社のミッションと定める。

これをやれるようになるのが、次のステージなので

2020年には、そのステージに片足を突っ込めるようになる。

そのためには、来年は、日銭を稼ぐモデルとサブスクリプションモデルで

足場を固めきる!

そう、そして、2020年に間に合うための実験サイト業務自動化.jpを

を本格稼働させて

それを実験サイトとして、何ができるのかを証明する。

設計図はできている、あとはやる覚悟と意志!

意志の力は、稲盛さんが教えてくれた大事な智慧なんで、

自分も強い意志をもってやっていきます!

 

 

組織になるのは、ほんと難しい。

みなさん、こんにちは。

気が付いたら、月曜日に記事をUPし忘れたので、

こっそり記事を追加したいと思います。

ここ数年、組織にしたいと思っていたものの、

そもそも組織というのは、

ビジネスモデルに依存するものなんだなと今さらながら気が付いました。

営業色が強い会社の場合、当然営業マンが、地域や商材ごとに必要になり、

そのチームが増えていくことで、会社として人数が増えていき、組織となっていきます。

逆に、職人的な会社の場合、価値を生み出す部分が職人的なことによりなされていた場合、当然ながら人は増えていきません。

自社のビジネスモデルが、コンサルティングを重視していた場合、まさに、こうなってしまいます。コンサルティングは派遣ビジネスと同じように時間売りができれば

スケール出来るのですが、そうなるにはブランド力が重要です。

自社の場合、大手コンサルティング会社とのブランド力は雲泥の差なのでそこで争っても勝てる見込みがありません。

であれば、ツールをメインとしたコンサルティングとのパッケージにしていく必要があります。

もしくは、小さいビジネスの集合体として組織にしていくか。

さらには、そのハイブリッドの組み合わせだなと。

で、このような試行錯誤をしていく時間がどの会社にもあると思うのですが

この間にも人件費や賃料などは待ったなしでかかってくるわけです。

これは、本当にやってみないと割らないことだと思うのですが、

個人事業主から組織に変化する過程には、組織としてあるべき姿になるための

ビジネスモデルの変化が必要になります。

そうしないと、組織として維持できないからです。

組織として維持するためのビジネスモデルがるから、組織が存在し続けられるということです。

そのモデルが何なのかを、組織になれるまでトライし続けるための

莫大なコストが必要になります。

それは、組織が小さいころ、個人事業主の時に磨いてきているはずのマーケティングをもって稼ぎ続けるしかないのです。

次のステージへの進化まて、その時間を稼げるかどうか。

できれば、その試行錯誤にまわりから

やんやいわれたくないので、自己資金でやりたいものです。

他社資本でやるのは、リスクもないし楽ですが

うまくいった場合、自分の手足を縛るものになる可能性もあります。

それが資本の力であり、その資本との関係性ができてしまうということです。

本来なら、もっと良いソリューション、プロダクトが生み出せるのに

その資本の縛りによって、動けない という会社はたくさんあると思います。

そうなると、せっかくのマーケティングの力も生かせずに

動けない状態になってしまいます。

こうならないために、キャッシュを自分で稼ぐという覚悟と

マーケティングを駆使するべく、マーケティングスキルを磨き続けることが

大切です。

マーケティングこそが、イノベーションであり、

他人の資本をいれるタイミングは、そのビジネスモデルが固まって

スケールする時で十分だと思います。

焦ってお金を入れてしまうと、何もできなくなってしまいます。

結局、何のために起業したのか ということにならないように、

自分の力で進む覚悟を持ちましょう。

 

 

2018年の振り返りと2019年への期待

みなさん、こんにちは。

早いもので、今日は12月2日(日)。2018年もいよいよ

佳境に入ってきました。

毎年、6月と11月がいまいちよくない流れなのですが、

12月に入って、最後の積み残しをどんどん片づけていきたいと思います。

2018年を振り返ると、そもそも元旦から騒がしかったのを覚えています。

2017年の秋から雲行きが怪しくなってきていたある事業から、予想通り火がでて、

絶賛炎上拡大中でした。

そのころは、1つ1つ対処療法を繰り返すしかなく、大変だったなあと。

ただ、そのおかげで、自分が苦手なこと、いやなことが明確に分かったことでも

ありました。

そして、自社が得意とするお客様のタイプも見えていきました。

やはり、自社とうまくかみ合うのは、マーケティング思考のお客様です。

トライアルをもって、現実を知り、PDCAサイクルを回すことを良しとできるか、

石橋を叩きまくってから、合議制をもって進めるのを良しとするかは、

その人の価値観であり、部署、組織の価値観です。

なので、何が良くて何が悪いということは全くないのですが、

ベンチャーネットと噛み合うのは、間違いなくマーケティング思考を重視する

方々だと思いました。そして、失敗を許す文化の組織。

強みを生かすうえで、苦手分野を知る価値はとても重要です。

好きなものはわかりにくいけど、嫌いなものはわかるわけで、それであれば

排他的に考えていけば、すこしずつフォーカスがしぼれていけるものです。

それをふまえて、

自社の強みを知り、それをお客様にお伝えし、選択してもらうということ

同時にそのようなお客様に、自社が選ばれるように、圧倒的な価値を生み出していくということを肝に銘じて、知行楽の考えで、事業と人を合わせていく。

これによって、希少価値を生み出し続けるしかありません。

大きな組織と比べて、小さい組織の強みは、ベンチャーネットの場合は

デジタルマーケティングに関してのいろいろな実験がしやすいことです。

ウェブであろうと、MAであろうと、SFAであろうと、RPAであろうと、とりあえずやってみるということが非常に簡単です。

これが、自社の強みになるはずです。(もちろんそれが楽しいといことが大前提です。)

大きい組織の場合、手続きや承認作業がたくさんありますし、逆に

そういう行動が推奨されるかどうかは別問題です。

なので、ベンチャーネットは、そういうところに価値を生み出したい。

つまり、

実験を繰り返し、フィードバックされた結果を価値として提供していうことが

これからやっていくべきことです。

そのコアとして、自社アプリがないと他社との差別化がわかりにくいです。

オリジナル・カスタマイズ・アライアンス の3つのキーワードの元

ベンチャーネットは、

ABM-AUTOMATION、Payment-AUTOMATION、SEO-AUTOMATION

をリリースし、改善し続けていきます。

そのためにも、1つのオウンドメディア

業務自動化.jpを来年の春正式リリースにむけてやっていきます。

また、同時に人材育成プロジェクト「デジタルインターン」も立ち上げます。

1年後の2019年には、これら事業の柱となりつつある状況を

書いていければ、最高です。

いろいろうまくいくといいな!

 

 

 

 

で、