ベンチャーネットRPA:ロボット8割経営ブログ

これから企業が人に依存せず生産性向上を実現し、プロジェクトメンバーの所得を増やす経営手法

経営者は、お金を人・モノ・情報に投資して、付加価値がついて結果としてお金にどのくらいになって戻ってきたかを考える。

みなさん、おはようございます。

今日は、2月15日金曜日、もう2月の中盤ですね。

来週は、ベンチャーネットの新ツールABM-AUTOMATIONをリリースしたり、

プレスリリースしたり、いよいよ諸々事業が

本格化してきて楽しみです。

さて、今回は、経営者は結局何をKGIの数値として考えるべきか

について、最近考えていることを共有しておきたいと思います。

京セラ創業者の稲盛和夫氏は、「どんな業種でも経常利益率10%以上を上げなければいけない。」と言っています。

「そうでなければ経営をやっているとは言えません。」とまで言います。

これは、業種に限らず目指しましょう。

これはいろいろ業種別の特性など細かいことはおいておいてです。

うちの会社は特殊だからとよく聞きますが、特殊な業界はたくさんあって

その中で特殊な会社はたくさんあるのであれば、経常利益率がとても低い業種であっても、特殊であれば、10%を超えるようにできるはずです。

必ず、例外はありますので。

さて、そのうえで

経営をしていくと、時間とともに会社も自分も成長していくにつれて、

自分が得意な経営スタイルが出てきます。

そして、例えば、規模だったり、社員数だったり、マーケティング手法であったり

ある程度のラインまでいったら違う経営スタイルに変えないといけないことが多いです。その際に、違う経営スタイルに変えることは至難の業です。

なぜなら、ベンチャー企業は経営者のパーソナリティと組織文化、組織づくりは非常に密につながっているからです。

そうした場合、縦に伸びていくのではなく

横に広がるというのも戦略としてアリだと思います。

同じスキームを繰り返し、繰り返しやり続ける。これこそがその会社の強みであるわけです。

ここで、迷いが生じてしまうのですが、やってみてダメなら、

元に戻す。

そして、その経験を学びとして同じことはしない ということを決めておけばよいのです。

どこまで自分がやれるのか、得意分野なのかはやってみないとわかりませんし

やってみたらわかります。

で、自分のあこがれるような大きな事業を自社でやれない場合、

自社で新事業で立ち上げるのもよいですが、自分の得意の範疇を超える場合、

その代替として、お金を投資すればよいのです。

特に、上場している会社の場合は、株の流動性も良いですし、

ルールも明確、そしてプロ経営者なわけです。

株価の上下だけでなく、自分のやりたい事業の代替行為と思えば、

株価の変動も長期的に見ていけます。

そもそも新事業で自社でやった場合は、0ないしマイナスのリスクが大きいのに対して

株はそんな悲惨な状況にはなりません。

そう考えると、

経営者は、お金を人・モノ・情報に投資して、付加価値がついて結果として

お金にどのくらいになって戻ってきたかを考えた場合、

新規事業を自社でやるのか、株式投資でやるのかは一考する価値があります。

何でもかんでもやるのをやめて、自社の強みにフォーカスするというのは

こういうことにも当てはまりますね。

強みとは何か、常に考えていきたいと思います。

 

 

2019年2月4日で、やばい年回りが終わったってことを信じる!(今年大厄だけど!)

みなさん、こんにちは。

今日は、2019年2月4日です。

年回りというのは、1月1日から変わるわけではなく、2月4日の午後から

変わるらしく、今日、ようやく新しい年回りがはじまったようです。

ちなみに、私の前の年回りは最悪だったらしく、本当にやばい1年になると

ビビらされた1年でした。

まあ、実際予期せぬトラブルやいざこざが多かった年だったと思います。

小さい問題が大きな問題になることが大きかった気がします。

今年の年回りは気を付けたほうがいい と常に

言われていたから、そう感じてしまう面ももちろんあるのですが、

振り返ってみて、

まあ、本当に大変だったなあと。

でもまあ、ここ2、3年は本当に大変だったので、

良く生き残れたなあと思えます。

しみじみ思っちゃいます。

ただ、これでもう二度と同じミスはしないと思います。

このぐらいの損失なら、全然小さいよ と

先輩経営者は言うと思いますが、とはいえ

渦中の自分には、やっぱきつくて、起業して13年の間で最も苦しい2~3年だったと思います。

いろいろあって、辛酸もたくさんなめ、ようやくリスタートが切れたことを

感謝しつつ、こうして嵐がすぎだった今、落ち着いて考えると

組織が鍛えられ筋肉質になり、メンバーも入れかわり、事業の選択と集中が行えたのは

本当に次につながる成果だと思います。

そして、この苦しみは、次のステージに行くためには

必ず通らないといけない道だったのかなと思います。

通過儀礼。。。

きっと、あらゆる会社が通っているのだと思います。

ただ、初めてだったため、対応方法が後手後手に回ってしまいましたが。。。

ただ、これからは大丈夫です。さらなる成長、ピポットをするにあたり

今回の経験を活かせばもっと損切りもはやくなったはずです。

経験ってほんと大事。やっぱ、経験しないとわからないこと、たくさんあります。。。

さてこの辺りで、過去の振り返りは一区切りにしたいと思います。

ということで、

2月4日から始まる良い年回り、運の後押しをもらえると信じて

進んでいきましょう。

これまで、いろいろ停滞していたことが

自然とうまくいき始めたり、新規事業がきれいに軌道に乗ってくれたり

きっと良いことがあるはずです。いや、そうなるように頑張ります。

良いことも悪いことも、重なる時にガンガンかさなると思うので、

今年は、良いことが連続すると信じています。(いや信じる)

明けない夜はないし、光と影は表裏一体。

とりあえず、今日からまた心機一転、

1日1日がんばっていきます。

 

 

人は見えないものに不安を感じるものなので、それならば丸っと公開する!

みなさん、こんにちは。

2月1日です!

今日も寒いですね。

はやく春が来るといいなあ。

大学4年生は、もうすく社会人ですね。

新卒一括採用として育成していくという仕組みは日本企業特有の文化で、

新卒で入る側としてはこんなにありがたいことはありません。

逆に、企業側としてはだんだんこの投資への効果が見えにくくなっているのが

現実だと思います。

転職が当たり前になってきている時代、高い投資をして育成した若手が高い割合で転職していくのは、大変な損失ですし、これからもその傾向が収まるとは思えないですし

どうなっていくのでしょうか。。

今のうち、(特に大企業だとおもいますが)、この良い仕組みを十分に利用して、スキルアップをしてもらえればと思います。

このような育成期間や教育への投資は、過去のものになっていくことは間違いないので。

さて、そんな育成制度のないベンチャーネットですが、

原則うちは、人を採用したり、人と組むときは

その人が言っていることではなく、行動をもって判断していきます。

つまり、過去何を実際やってきたか、というFACTです。

その過去の行動をみて、その強みとベンチャーネットがやりたいことで欠けている部分がぴたっとはまる人のみを選択して、

プロジェクト形式で組ませてもらうようにしていっています。

今までは、実力があれば、コンバートもできると思っていましたが、

その時間も教育費用もかかるので、相当の人物以外は

コンバート不可能ということもわかったので、入れ替えを前提に考えてます。

まあ、分かっている人からみれば、当たり前の話なんですが、なかなか

そこの割り切り、肚落ちがせずに、無駄な時間やお金を浪費してしまったと思います。

で、そのような人とプロジェクトドライブという形で組むわけですが

その際に大事なことがわかってきたので、書いておきたいと思います。

大事なことは、

明確に期待していることを伝える。

それを数字として書き出す。

そこにコミットできるかを確認する。

そして、作業内容について週次で報告をうけて、進捗確認をする。

で、その作業内容について価値をつける。それも明確な金額としての価値。

単純に外注した場合の費用の平均費用は当然下回っていることを

みなで納得する。

納得がいかない業務内容であれば、翌週までに改善をしてもらう。

案ではなく、ハードワークをもって、帳尻を合わせてもらう。

1か月終わったら、フィードバックを行い、来月の予定を作る。

※あ、これって、アメーバ経営では。。。と今気がついたりもする。

結局、この繰り返ししかないなと思います。

人は、見えないものに疑心暗鬼になります。

であれば、最初から公開してしまうことが大事です。

そういうルールにコミットできる人は価値観が合うわけなので

それが嫌な人っていうのは、そもそも組むべき人ではなかったわけなんで。

ってなわけで、

今後はプロジェクトごとの収支は、プロジェクトメンバーに完全公開を

していく予定です。

そうすれば、数字が順調に出ていれば、ちょっと休んでもいいなと思えますし、

逆に、数字がやばいと思えば、ハードワークに突入できるからです。

そうすることで、お互いが、

納得しながら仕事を進められることは間違いないです。

仕事時間がアウトプットに比例するフェーズの業務の場合は、このルールで

回るはずですので、

このルールを運用していきたいと思います。

経営は実行!
に従い、

・ドラッカー:時間管理 成果をあげる能力

drucker-studies.com

・アメーバ経営の時間当たり採算制度
時間あたり採算をだして、自分のコストと会社へのリターンを
見える化する。

www.kyocera.co.jp


ただ、最初はハードワークによる時間による貢献になることが多いはずなんで、
どれだけハードワークできるかは大事で、その経験を通して仕組化や人の育成を学び
事業を回せるようになることで、時間あたり採算が劇的に改善される。

 

やっていきましょう。

縦にも横にも動ける組織であること

みなさん、おはようございます。

1月最終週頑張っていきましょう。

世の中が不安定な経済状態になってきている中で

経営をどう考え、何に例えるか ということを最近考えています。

企業経営といっても、当たり前ですが単純化すると

何かを達成するための人の集まりであって、

そのビジョンミッションを実行するにあたり、

自分ではできない部分は他人に補完してもらい、

自分の強みは活かし、

そして組み合わせの結果として

価値を生みだし、顧客創造につながり、さらにそれを売りやすいように商品名をつけて、ブランディングをして、営業効率を高めて、

そのお客様の声からさらに価値を付加していくことを繰り返す、それを通して

お客様のカスタマーサクセスに貢献する

ただのこれだけであるわけです。

その各フェーズで

縦と横の動きが切り換えられる柔軟さが必要だと思います。

先進的な組織と古臭い組織の違いを考えるに

日本の大企業の多くが縦の動きが得意で、横の動きが苦手なのように

見受けられます。市場が伸び続けている場合は、シェア争いがメインになりますから

それでもよかったと思います。

しかし、そのデメリットとしては前例の踏襲や営業数を増やすことを重視するために、

新しいアイデアや新規事業を生み出せる優秀な人材すら、そのような組織ルールに縛ってしまい、強みを生かせないままつぶれていってしまいます。

逆に、GAFAのような企業は、横の動きが得意なように見えます。もちろん鉄のルールとして解雇のように縦のルールももちろん存在していますが。

新規事業を生み出して突き進む場合は、合議制ではなく少数精鋭で

優秀な人材が自分の強みを生かし、ブレイクスルーをしていくしかないです。

それを広げるには、縦の営業部隊が必要なのはわかります。

しかし、最初のプロダクトを作るところは、優秀な人が最大限能力を発揮してもらうしかないわけです。(優秀の定義が難しいところですが、本来のマーケティング能力が高いというべきでしょうか。)
これからの日本の会社には、このマーケティングチームが必要です。

マーケティングチームの効率を上げるためには、デジタルの力が必須なので

デジタルマーケティングチームです。

ベンチャーネットは、縦の動きは、ランチェスター戦略×時間当たり採算

横の動きは、アメーバ経営×The Model

を前提に考えていきます。

ベンチャーネットは、Life is Adventure. を社是として掲げています。

このような価値観を共有できる人と

社員にせよ、業務委託にせよ一緒にやっていきたいと思っています。

 

 

2019年上半期、ハードワーク宣言!

みなさん、こんにちは。

1月もあと1週間ほどで終わりですね。

ほんと時間がたつのがはやいな。。。

そして、粛々と平成の終わりが近づいてきていますね。

今年は、平成の終わりもあるので、2019年開始のタイミングと

新しい年号の開始のタイミングで2回リスタートっする機会が

あるので、日本人はラッキーですね。

さて、2019年の私は、ハードワークします!(宣言しておく!)

すくなくとも、上半期は。

朝一番にきて、夜遅くまで + 土日祝日関係なくゴリゴリ進めていきます。

というのも、ここ5、6年、具体と抽象を繰り返し

いったりきたりしてきたビジネスが年末にようやくフォーカスできて

結果として選択と集中ができたからです。

2019年はそこに焦点をあてて、形にしていくこと、見える形にしてくことだけ

になったからです。

 目標が定まったら、そこに最短で到達するためには

ハードワークしかない!

当たり前ですね。

目標が定まるまでは、いろいろなビジネスをみたりきいたりかんがえたりで

情報収集や実験が重要だったので、拡散していた事業が多かったと思います。

それがようやくつながり、形になった今、必要なヒト、モノ、情報、カネはそろいました。

優先順位もつけることができました。

であれば、やるだけですね!やりましょう!いや、やる!

そして、結果は運と時代背景が絡みますので

成功するかはどうかは、世その結果を問うだけです。

こうなれば、悩むことはほぼなくなります。

突っ込むだけです。

 

あとは、それに強みを生かした人を仕事のスタンスを重視したうえで

アサインするだけですね。

私は、仕事のスタンスとしては、2つのパターンはありだなと思っています。

やり方が見えて、あとは量だ!ということで、時間をかけて、ひたすら気合・根性するめるスタンス

規則正しくロジカルで整理したうえで、最短最善の方法を考え、無駄を排除し、質で勝負するスタンス の2つです。

 

前者の場合は、肉体的なハードワークです。

後者の場合は、頭脳的なハードワークです。(これはそもそも地頭が良くて、ナレッジや技術力の背景がないと厳しいです。前者をやり続けて、後者になるのが普通だと思います。)

いずれにせよ、そういう仕事がすきで、楽しみながらやれない限りできないです。

知好楽 にはかなわないからです。

企業が生存していくためには、3年に1度で新規ビジネスを作っていく必要があると考えます。

その際に、針の穴のような小さい小さいきっかけを見つけて

それを言語化して、ビジネスモデル化します。

そして小さく実行して、ビジネスになるまでピポッドをし続ける。

だめなら、廃棄。

ただ、0から1になるには、ハードワークしかありません。

1になった後は、チームによるハードワークで1が10まで広がるのか

100まで行くのか、10000まで行くのかへのネクストチャレンジとなります。

ハードワークを通して、
砂漠の中から
砂金を集めていっていたら、金脈が見つかって

大成功するというストーリーを信じて、突き進みましょう!

 

 

人の強みを生かすことと会社の業務に人をあてがうことの違い

みなさん、こんにちは。

1月も中旬に差し掛かり、いよいよ仕事モードですね。

私は、本厄なので、明治神宮にお祓いに行ってきました。

さて、今日は、人の強みを生かすことと会社の業務に人をあてがうことの違いについて

考えたいと思います。

どうしても、会社経営をしていると、業務が先行してしまいがちで

それを埋めるために仕事に対して、空いている人をあてがってしまいます。

この仕事やる人いないから、Aさん といった感じで、業務に人をあてがう感じですね。

で、結果として

Aさんが仕事ができない という問題が発生して、

どうしようかなと悩む ということを繰り返していると思います。

でも、それは当然で、もともとその人は、与えられた業務に特化した強みがなければ

出来るわけなくて、その強みを見てから、仕事をあてがわないとミスマッチしてしまうのは当然です。

この視点をどうしても見失いがちです。

で、なんでできないんだろう、もっと頑張ってもらえばきっとできるのに!

という頑張らないとできない仕事を無理くりやらせようとしてしまいます。

努力してなんとかやれるようにしたものは、せいぜい人並みにしかなりません。

この人並みのレベルにするための努力は正直無駄ではないでしょうか。

本人にとっても苦しいでしょうし。

強みというのは、その人が努力をせずに、苦労せずにできてしまう中にある場合があります。

なんで、そんなことできるの?すごいね

って周りが思ってくれるような強みが必ずあるはずです。

それは、もともと努力してできたわけではなく、自然と自分から進んで

行い、結果的に身につけたものです。

これは、本人は努力した というものではないはずです。

この本人が意識して努力したわけであなく、好きで夢中になったらそうなっていた

というスキルを見つけ出して、それを生かすことが本当に重要なわけです。

それは、結構新卒の時に入った会社の業種、業態にヒントがあると思います。

まだ社会を知らない段階で、自分が選んだもの

それは自分が好きであったり、興味が他よりはあったから ということが

あるはずです。

であれば、転職した後も、その強みがどこかに生かせるようなことが必要です。

それを生かさずして結果を出させるってのは非常に難しいのは

わかります。

なので、このギャップをどう埋めるか が会社としても重要なわけです。

その業務が社内にあれば、それをやってもらうことが第一優先、

その業務がなかった場合は、正直にそれを話して

自分が活躍できる仕事がある会社に行ってもらうのがお互いのためだと思います。

これは、単純に人を切る ように見えますが、本心はそうではなくて

お互いのためであることを知ってもらえればと思います。

会社組織も同じで、もともと細かく縦に管理したい人の場合の組織と

横に管理したい人の場合の組織とでは

やるべきことも全然違います。

自分の会社が横が得意なのに、強引に縦の組織を作ることは結局は

経営者の強みを生かしてないため、うまくいくわけありません。

結局、自然とうまくいっていた組織形態を

進化させる以外は解決策はないわけです。

ということで、ベンチャーネットは

パートナーシップ・アライアンスを重視した

スターフィッシュ経営 ということになりました。

(こう書くことで、ようやく肚落ちしました。。。アクティブラーニングですね)

 

 

 

 

統合と新結合(イノベーション)で価値を創造する

みなさん、おはようございます。

ついに、今週から仕事も平常モードになり、2019年始動しますね。

今年のテーマは、「逆襲」です。

ここ3年、間違えたチームによる間違えた戦略が招いた負の資産を

片付けることに時間をかかりました。

ただ、ようやく片付け終わった結果見えたもの、それは

価値の提供と提供の方法の組み合わせなんだなということです。

結局、ベンチャーネットが求める働き方革命を実現するには、

プロジェクトベースのビジネスとサブスクリプションのビジネスの両輪が

必要ということがわかりました。

単純に作業を行うことももちろん労働の対価として、価値の交換をしているわけですが、そのような人依存ではなく、

コンセプトを掲げたうえで

実現するためのソリューションとして

プロダクトを出し、それをサブスクリプション型で提供し、進化し続ける

というサブスクリプションが必要だったのです。

今までは、コンサルティングサービスとSEOサービスがそれを担っていたわけですが、

時代とともに、国策もかわり、その結果として

顧客の求める優先順位が変わます。

それをふまえて、何をやるのか、何を提供するべきなのかを

考える必要があります。

そのためには、0から1のイノベーションを行うのは博打なので、

既存のビジネスをベースにそのビジネスを止揚させる必要がありました。

その結果やることとして、選択と集中ができました。

 

R&Dとして、先行させないといけないのは、3つ

・顧客の声を聞くためのテクノロジー軸のコンサルティング事業

・SEOの実験としてのメディア事業

・クラウドテクノロジーの理解を深める教育事業

ビジネスとしては、

R&Dを通して、課題を止揚させ解決のためのコンセプトをツール名に反映する。

ネーミングは重要で、何をやるツールなのかすぐわかるようにする。

そして、そのツールを進化発展させるために、ゆるい結合(イノベーション)を

し続ける。(API革命)

それを

サブスクリプションモデルで提供をする。

 

この2つの軸で会社のブランディングを行い、

それによってビジョン、ミッションを共有できる経営者との縁をえて、

プロフィットシェア型のジョイントビジネスを増やす。

(統合)×(新結合)→ベンチャーネットの戦略

ということが肚落ちできました。

振り返ってみると、創業以来、これによって生き延びてきていて

これが見えない戦略だったわけです。(自分にも見えなかったわけですが。。)

ようやく戦略が見える化した2019年、これを戦術に落として

PDCAサイクルを回していくことこそがここからの3年だと考えています。

暗中模索だったのが、数年かけて経験を通して理解が深まり、

これからの時代と戦略のベクトルが期せずして同じ方向に向きました。

これを僥倖と言わずに、なんといえば良いのでしょうか。

シュンペーターは新結合として次の5項目をあげています。

 ・新しい生産物または生産物の新しい品質の創出と実現
 ・新しい生産方法の導入
 ・産業の新しい組織の創出
 ・新しい販売市場の創出
 ・新しい買いつけ先の開拓

こうした新結合を遂行することがイノベーション(新機軸・革新)であるとしました。

そして遂行の担い手が企業家であり、資金を供給するのが銀行家だと定義しました。

英雄的な企業家が経済成長のエンジンと考え、イノベーションが技術革新だけでなく、組織論まで含んだ非常に広い範囲の新機軸を表しています。

 

これを2019年の日本に当てはめ、時代の構造を理解したうえで

何を成すのか

これが、企業家に求められたミッションです。

 

ベンチャーネットは、ベンチャーネットエンジンを通して

クライアント企業をデジタルカンパニーにアップデートし、

革新による価値創造により高利益の知識創造企業へ変えていきます。

その先頭に立つ実験台の役割をベンチャーネットは担います。

中小企業の生存戦略。

生き残りを賭けてがんばりましょう。

 

 

venturenetengine

ベンチャーネットの考える中小企業の生存戦略